【HSP✖アダルトチルドレンの私が、やわらかに生きる道を見つけるまで】移住系ライフワーク・カウンセラー青葉

~HSP・アダルトチルドレン・DV・モラハラ・虐待・社会不適応・先生の相談ほか~

移住を通して学ぶこと⑦~物を捨てることへのココロの痛み

 

 

 

f:id:aoba-counseling:20211114144218p:plain

 

 

 

生きづらさは、幸せへのヒント。

ライフワーク・カウンセラーのあおばです🍀

 

 

 

このところ、

すでに移住された方からメッセージをいただき、

嬉しく思っております。

ありがとうございます🌷

 

 

 

移住について

私と同じような思いをもたれたことを、

お教えて下さって、私だけじゃないんだと

心が軽くなりました。

 

 

 

===

 

 

メール・カウンセリングの詳細はこちらです。

 ※カウンセリングはお休み中です。

  春に再開の予定です。

 

 

===

 

 

 

青葉はどうやらひきこもりを卒業する気になった(らしい)

移住を通して学ぶこと①~6対4な気持ちでも進んでもいい

移住を通して学ぶこと②~サービスがもたらしてくれること

移住を通して学ぶこと③~県民性のちがいのなのか、自分に合う場所とは?

移住を通して学ぶこと④~誰かや何かのせいにして、進んでこなかったと気付いた

移住を通して学ぶこと⑤~不安や怖れを外に出したら、希望がチラつくようになってきた

移住を通して学ぶこと⑥~苦手が束になってやってきた!!HSP×ACの事情

 

 

 

家の中が段ボールだらけになってまいりました。

 

 

 

この引っ越しを機に、

今まで思い切れなかったものを捨てたり、

買い替えようと動いております。

 

 

 

大きいものでいくと、

冷蔵庫や洗濯機、テレビ。

そして、別居オットの荷物少々(これは彼に送ろうと思います)

 

 

 

これらの家電は15年を過ぎますが、

まだ壊れてもいません。

 

 

 

捨てるのはもったいないのですが、

それでも二人で使っていたものは

私には大きすぎますし、

もう執着を手放したいとも、私は感じていました。

 

 

 

捨てるには心に痛みを感じるのです。

 

 

 

オットと一緒に使っていたモノたち。

それらを手離そうとすると、

ギリギリまでためらってしまう自分もいます。

 

 

 

執着でしょうし、

自分が変わることへの怖れもあるでしょう。

捨ててしまえば、なんてことないんですがね。

 

 

 

私は、お別れのようなものには抵抗を強く感じてしまいます。

 

 

 

職場の異動では、

自分でも驚くほど泣いてしまいます。

ベランダで育てる野菜も、

最後の一葉が落ちるまで捨てることができません。

昔、友人と文通していた手紙は

読み返すこともなく、そのまま保管してあります。

 

 

 

元々、女性性が強いと言えばそうなります。

感情が豊か、感覚的、繊細等々。

男性であっても、女性性はもっています

 

 

 

不安や怖れといったものが

どうしてもより登場する傾向はあります。

 

 

 

変化するには痛みが生じます。

それでも、変わろうという自分がいる限り、

痛みと付き合っていくことになります。

 

 

 

冷蔵庫を手放し、

新しい洗濯機も新居に送る手配をし、

テレビは捨てて、

この際テレビ無しの生活を体験してみようと思います。

 

 

 

f:id:aoba-counseling:20220226151959j:plain

一度やってみたかった、化粧品をイッキに捨てました✌

 

 

 

1つずつ、1つずつ、手放していく。

この引っ越しの作業というものは、

自分と向き合う羽目になっております。

 

 

 

引っ越しのいいところは、

引っ越し日が決まっているところ。

ウダウダしていても、何も変わらない日常とは違います。

 

 

 

期限までには捨てる。

これはチャンスかなと思っています。

心は痛いのですが、心の奥は『やれ』と言っているのです。

 

 

 

少しずつ執着を手放し、

自分を自由にし、

一番手放したいラスボスへと続いていければいいなと思っています。

 

 

 

あなたが手放したいのは、何ですか?

 

 

 

 

やわらかな木漏れ日のような日々が、おとずれますように🍀

ライフワーク・カウンセラー、青葉でした🍀 

 

 

 

 読者になって&☆印をポチポチしてくださると、嬉しいです!