青葉カウンセリング☕カフェ🍀

DV・モラハラ・虐待から、やわらかに生きる世界へお引っ越し✨ハンドメイド系ライフワーク研究家

いつもの景色が美しく見えた瞬間①1人目の夫🍀

ココロに傷をもつ、やさしいあなたへ。

 

先日、啓扇桜の枝を花屋さんで買ってきました。

山形県が日本一の生産量を誇り、冬に咲く桜だそう。

部屋の暖かさからか、一晩で花がほぼ開き、早めの花見状態です。

枝3本で990円。

これを見るたび嬉しい気持ちになると思うと、

お花は、手軽な気分を上げるグッズだと思うのです🌸

f:id:aoba-counseling:20210312123729j:plain

 

突然、いつもの景色がキラキラ輝いて見えた 

さて、いつも見慣れた場所なのに、

「急に美しい景色に見えた」という経験はありますか?

私はあります。

14年前のことで、よく覚えています。

当時住んでいた家の近くに、小さなショッピングセンターがありました。

その脇に、小さな桜並木が走っています。

日当たりもよくなく、マンションなどの背の高い建物に囲まれ

日当たりも悪く、ジトッとした桜並木。

キレイな桜だなと思ったことはありませんでした。

ごめんよ、桜ちゃん。

 

しかし、14年前の春、

ジトッとしたその桜並木の桜が、

キラキラ美しく輝いて見えたのです🌸✨

 

え、ナニコレ。

こんなことってあるの!?

 

そのころ何があったか?

私は、教員として脂がのり、忙しく働いている頃。

1人目の夫ともめて、こじれていました。

私生活がつらいと、仕事で気が紛れてありがたいばかりでした。

 

彼と付き合って3年目に、私がその桜並木の近くに私がマンションを購入し、

転がり込むように彼が住むようになっていました。

その流れで29歳になった私は結婚はどうするのか?

と彼に尋ね、結婚の流れに。

 

借金を抱える彼でしたが、「それは過去のことだから。」と、

男前な私、いや、当時お金を持っていて傲慢な私はしくじりました。

結婚しても、付き合ているときと同じ3万円の入金で良しとし、

婚約指輪は無し(要求もしない)、

ハワイで2人だけの結婚式の費用も全て私が出しました。

さすがにスッテンテンになりましたが、それでもいいかなと思っていました。

 

私は、

簡単なオンナ…

何をしても許すオンナ…

軽く扱ってもいいオンナ…

に成り下がっていることに、気付くことはありませんでした

 

彼はそれでも罪悪感を抱えたのでしょう。

男性性が満たされなかったのでしょう。

2、3度脱走を企て、1年後に脱走成功!

最後のもめ事は、彼の「納豆をもっと食べたい。」でした。

今となればネタですが、当時の私はそうとう精神的に追い詰められました。

 

何も言わずに出ていく夫が悪い、

義理の親も何の謝罪もない、

お金のことを話しても、何のリアクションも無し、

いい義理の母だと思っていたのに。

(ほら見たことかと、私の母も私をディスる始末。

分かりにくくなるので私の母のこの話は割愛します。) 

周りを責めて、孤軍奮闘の戦いが始まりました。

 

長くなったので、次回に続きますね。

 

明日、あなたが見える景色が

美しく見えますように🍀

 ☆読者になってくださると、嬉しいです☆