【HSP✖アダルトチルドレンの私が、やわらかに生きる道を見つけるまで】移住系ライフワーク・カウンセラー青葉

~HSP・アダルトチルドレン・DV・モラハラ・虐待・社会不適応・先生の相談ほか~

感情の吐き出しと、癒しと、気付きと

 

 

生きづらさは、幸せへのヒント。

青葉カウンセリング・カフェ、あおばです☕

中秋の名月、楽しめましたか?

 

 

9月後半のカウンセリングのモニターさま、

お申込み受付中です。詳しくは、コチラ

あと1席ございます、よろしければ是非🌼

 

 

 f:id:aoba-counseling:20210923115713j:plain

 

 

今日は、おとといのお話をしたいと思います。

 

 

昨日は、前々から決めていた、1Day Trip な日でした。

夏らしいことも特にせず、家でクーラーとお友達だった青葉ですが、たまには重い腰を上げて出かけようと思いましてね。

 

 

近場のホテルに行ってきました。

泊ったことも、食事にも行ったこともあるホテルですが、今回は初めてのデイユースというモノを体験してきました。

 

 

朝の8時~21時まで、13時間部屋を貸し切ることができ、

しかも、アフタヌーンティ付きのプランがあるじゃないですか!

ちょっとときめいて、予約しました。

 

 

そこでやったこととは!?

 

 

感情の吐き出し、お恨み帳

 

f:id:aoba-counseling:20210923115429j:plain



特に何もせず、

空でも眺めながら、

情報も入らない中で、

ぼんやり心に浮かぶことが見つかるといいなあくらいの緩い感じで予約しました。

 

 

また、ホテルオークラなので食事は美味しいですし、甘いものをたくさん食べて楽しむくらいにしか思っていませんでした。

 

 

ただ、ノートと筆記用具を持って行ってしまったんですよね。

白状しますと、なかなか取り組めないお恨み帳をやれたらいいかもな…くらいの気持ちはありました。

 

 

今までも、お恨みは書いたことはありますし、なんなら本人に恨みをぶつけたりもしていました。

玉砕しまくり、直接対決は自分をさらに傷つけましたね。

そして、ひとりカラオケや、今ではもう見返す勇気も出ないブラックなブログ…そんこんなで気持ちの吐き出しはしてきました。

 

 

さみしい、つらい、苦しい、切ない、許せない、怖い、不安、悲しい、、、さまざまな自分のなかでグルグルとしてしんどい、ネガティブな気持ちを書いて外に出しましょうというモノ。

自分の中で、感じないように蓋してきた感情をきちんと感じ、それを手放していく。

 

 

人生、ネガティブな感情なんてふつうにやってきます。そんなときに、この気持ちの吐き出しを覚えておくと、思ったよりも早く立ち直れたりします。

 

 

今回は、夫について書いてみました。時間もかからずに、120個のお恨みが出てきました。もう罵詈雑言で読めたものではありません💦

 

 

こうしているうちに、夫というヒトの、人としての輪郭が見えてきました。あー何かと私はひどいことをされながらも、夫をかばってきたんだな…と気付かされました。こうして書いてみると、けっこうひどいわけです。

 

 

それでも、これは私がこうしなかったからこうなったとか、私のせいだったかも…などと、自分を責める声も出てきて、それを追い返しながらの作業でした。

 

 

そう、私が私を我慢させていたんですね。なにせ、そのとき、我慢していたとは思っていませんでした。

 

 

親の顔色をうかがって生きてきて、人に合わせてばかりということさえ、40歳手前まで気付くことはありませんでした。私が悪いと言われたら、そうだと思ってきたし、それらしいことをつついてくるんです、母も夫も。

 

 

ただ、人はみんな完璧じゃないよね。

そんなことさえ気付かずに(他人様のことはわかるんですがね)、やっと吐き出し始めています。思えば、私はそんなに悪い人では無い。自分で言うけれど。

 

 

夫のまずさ、あわせて、私が私を我慢させていたこと。

今回のお恨み帳では、まだまだ吐き出せていなかったことがあったなと感じさせられました。

 

 

思い出してはノートに付け足していく、なかなか経済的で可能性のある感情の吐き出しかと思います。私も得意ではないので、抵抗がある方もいらっしゃると思います。そんな時は、先ほどの代わりの発散方法でも、ノート1ページに「〇ね」「〇す」「ふざけるな」と書き続けるのもアリです。

ちなみに、私もセミナー会場で書き続けましたYO-

 

 

自分で自分を癒してあげよう 

 

 

生きていると、傷付いたり、疲れてしまったり、心がすさんでしまったり…いろんなことがありますよね。この心の痛みを知っているのは誰でしょう?

 

 

そう、自分でしか本当のことは分からないのです。

夫が〇〇してくれない、親が謝ってきたら前に進めるのに…。まわりの人にゆだねたくなるのは、誰にでもあることだと思うのです。多少なりとも。

 

 

ただ、自分の思いは自分でしか正確には分からないので、感情を発散させた後は、自分で自分を癒してあげられるといいなと思うのです。

 

 

今回は、

・おいしいホテル朝ごはんをいただく

・美味しいコーヒーに癒される

・ボーっと外を見て過ごす

・好きな格好でテレビを観る

アフタヌーンティを楽しむ

・ホテルのサービスを楽しむ

・広いお風呂で優雅に入浴する

・肩コリなので、火を使わないお灸で体を癒す

・秋空を楽しむ

中秋の名月に癒される

・ホテルのライトアップにうっとりする

・夢の世界に浸る

・ハロウィンのかわいい装飾を楽しむ

・海を見て癒される

 

 

このくらいの癒しを体験してきました。ホテルや時期、好みによっては、ホテルのエステやプール、ジム、鉄板焼きディナー、近くを散策…などさまざまな癒しを体験することができます。

 

 

自分を満たすことで、心の余裕ができると私は感じています。

なんでもいいのです。自分が好きなこと、やってみたいことで。

チョコレートを食べるとか、旅行の計画を立てるとか、家で、映画を楽しむとか。

大切なのは、自分の心に耳を傾けて決めることです。

 

 

癒しに取り組むことで、自分軸をもつ&自己肯定感を上げることにもつながると私は感じています。

 

 

 f:id:aoba-counseling:20210923115615j:plain

※ケーキ1個でもう十分だと感じた40代の現実…笑。

 

 

後記

 

クライアントさんにも、日々、感情の吐き出しと癒しから始めませんか?と提案させていただいております。

 

 

優しく、器があり、がんばりやさんのあなた。知らないうちに、我慢していたり、感情に蓋をしていたり。

 

 

子ども時代からの長い積み重ねにより、考え方のクセはなかなかの変わるものではありません。ゆっくり、ゆっくり、日々の筋トレのように。いつか振り返ったら、意外と私も変わってきたね!と思えたら大成功だと思うのです。

 

 

もしよかったら、一緒にやってみませんか?

 

 

やわらかな木漏れ日のような日々が

おとずれますように🍀

青葉カウンセリング・カフェ、あおばでした🍀 

 

 

 読者になって&☆印をポチポチしてくださると、嬉しいです!