【HSP✖アダルトチルドレンの私が、やわらかに生きる道を見つけるまで】移住系ライフワーク・カウンセラー青葉

~HSP・アダルトチルドレン・DV・モラハラ・虐待・社会不適応・先生の相談ほか~

死ぬほど、学校に行きたくないあなたへ

 

 

生きづらさは、幸せへのヒント。

青葉カウンセリング・カフェ、あおばです☕

少しずつ秋の空も見え始めたでしょうか。

 

 

今日は、毎年思うことを伝えようと思います。

児童・生徒・学生の皆さんが夏休みを終えるころ、

私はズーンと心が重くなることがあります。

夏休みの終わりから始業式にかけて、

若い命を自分で終わらせてしまう知らせを聞きます。

 

 

ひとりひとりについて知るたびに、涙が出ます。

大人として、何かしてあげられなかったものかと

無力さも感じています。

 

 

もっとゆったりとした学校にできていたなら、

ひとりひとりに寄りそえる少人数の学校があったなら、

ひとりひとりに合う学びができる学校があったなら、

もっと教員の数を増やせていたなら、

国が教育費をもっとかけていたら、

もっと理解ある大人がたくさんいたら…

大人としての責任を感じます。

 

 

また今は、コロナ禍にあり、

学校はさらに息苦しい状況にあると考えられます。

気になることがたくさんある人もいますよね。

 

 

もし、死ぬほど学校に行きたくなかったら、

行かなくて大丈夫。行かないでください。

まわりに合わせる必要はありません。

ぜひ、保護者の方に「死ぬほど、学校に行きたくない。」

と、伝えて下さい。

 

f:id:aoba-counseling:20210513133908j:plain

 

保護者の方も、学校で学べることがたくさんあるから、

学校に行きなさいと言うかもしれません。

それもひとつの愛です。

 

 

ただ、あなたの気持ちは、あなたにしか分かりません

だから、自分からがんばって、必死に言って下さい。

 

 

そして、学校に行かずとも、

生きやすい時代になってきています。

大人になれば、自分で選べる世界が広がっています。

学ぶときが来れば学べばいい。

それだけです。

 

 

あなたの命をかけてまで行くような、

学校はそんなにたいそうなところではありません。

 

 

それでも、保護者が許してくれないというあなたへ。

家を出て大丈夫です。

最後にあなたを守るのはあなた自身です。

 

 

そして、私に考えうる3つの方法を書いておきます。

 

 

①公衆電話から、「189」(いちはやく)に電話して、

自分の気持ちを話してください。

交番に行って、自分の気持ちを話して下さい。

③直接、児童相談所に出向いて、自分の気持ちを話してください。

 

 

いづれ児童相談所につながっていき、

24時間対応しています。

私も見学しましたが、

児童相談所はこわい場所ではありません。 

他に仲間もいたりします。

※学校に行きたくない以外でも、

さまざまな相談をすることができる場所です。

 

 

大切なのはあなたの命です。

私はあなたに生きていてほしい。

知らない人が言っているだけではだめですか?

他にもたくさんの同じ思いの人たちがいます。

小さな世界から、社会に出ると、

世の中には、分かってくれる人たちがいます。

 

 

あなたは、あなたが思っているより、

世の中で大事な存在です。

もし、いま、つらかったら、

ギリギリになる前に、行動してください。

私からのお願いです。

 

 

【これをお読みになった方、できましたら、

この記事を拡散してくださるようお願いいたします。】

 

 

やわらかな木漏れ日のような、

穏やかな日々が訪れますように。

青葉カウンセリング・カフェ、あおばでした🍀

 

 

 読者になって&☆印をポチポチしてくださると、嬉しいです!