青葉カウンセリング☕カフェ🍀

DV・モラハラ・虐待から、やわらかに生きる世界へお引っ越し✨ハンドメイド系ライフワーク研究家

根本裕幸さんと桐山慶子さんのYoutubeライブ🍀

ココロに傷をもつ、優しいあなたへ。

 

東京でも桜の開花が宣言されました。

季節の指標ともなる桜の開花ではありますが、

日本には桜が好きな人が多いように思われます🌸

 

パッと咲き、美しく散る。

こんな粋な生き方をしてみたいものです。

 

さて、去る3/13(土)にこういうYoutubeライブがありました☟

f:id:aoba-counseling:20210315193639j:plain

私の師匠である根本裕幸さんと、カウンセラーの桐山慶子さんが

生で入ってくる質問にお返事していくというものです。

情報も少ない中、瞬時にパッパッとお悩みに応えていく様は圧巻で、

楽しいながらも、真剣さが伝わってきました。

 

採用されないのも覚悟で思い切って、質問を投げかけてみました。

そうしましたら取り上げてくださり、うなりながら聞き入っていました。

 

 

質問したこと

夫のDVにより別居して10年です。

生活費の入金もありますが、連絡は取りあっていません。

離婚するか、ありがたくお金をもらってそういうものとして生活を送るか、

元に戻るか。毎日決められず考えてしまいます。

決められないのはどんな状態だと思われますか?

 

回答

根本氏:「決められないのは、今の状態が居心地がいいのでしょう。

     元に戻ればまたDVされるかもしれないし。

 

桐山氏:「この状態から抜けるのは、けっこう大変でしょう。

     今の間にライフワークを見つけるのもいいでしょう。」

 

かいつまんで書きましたが、このような内容だったかと思います。

 

考えたこと

たくさんの質問の中で、そんなに長くはない時間でしたが、

「ヤラレタ…」という気分でした。

そうです。

大満足な生活でなくても、夫からの入金はありそこそこ生活ができています。

2年前に外で働くことを辞めて(働けなくなって)、

それは気持ちが不安定で土台が安定していないから」

いろんなことがうまくいかないと思ってきました。

夫のせいです。

 

しかし今思うのは、結婚以前の私の人生上のたくさんの問題でストライキ

起きました。残りの人生を悔いなく過ごすために学ぶ時間をもつことができています。

これは夫のお陰です。

※夫は話をそのままに聴けないので、伝えようとしましたが伝わりませんでしたが。

 

10年は長すぎてどうしよう…という思いに、

桐山さんが「抜け出すのは大変ですよね」と言ってもらって、

分かってもらえた安心感を覚えました。

今はお金をありがたくもらいながら、私のライフワーク探しに時間を使い、

慰謝料にしようと思いました。

あは。

 

やはり武闘派女子!?

根本氏が、「元に戻ったらDVされそうで怖いでしょう?」

とお話しくださったことの自分の心の反応にビックリ。

私にとっては、まったくゼロではない選択肢だったのです。

アンビリーバボー!

離れても、機会をみて暴言を吐く夫の状況は変わりません。

(※罪悪感や受容してほしい気持ちの裏返し、夫の抱える大きなトラウマ、甘えが

あるのは分かってきましたが…危険ではある。)

 

それなのに、いまだにそんなこと選択肢に入れているなんて私って、いったい…

そんな自分に衝撃を覚えました。

そうだった、夜は包丁を束ねてタオルでぐるぐる巻きにして隠していたんだった。

おー怖い。

こんな私が怖い。

こんなことにも気づかせてもらいました。

 

後記

読んでくださった中にも、

「そんなの分かるじゃん」「ひっかかるところ、そこなの?」

などと思われる方も多くいらっしゃると思います。

私も、人のお話しだと客観的に説明することもできたりします。

ですが、自分のことを理解するのは難しく、考えに窮することも多くありませんか?

 

以前のオープンカウンセリングでもそうですが、

自分ではない誰かからの視点をもらえると、

グンと理解のスピードが速くなるのを感じました。

 

もうひとつ気付いたのは、オンラインだから相談しやすいということ。

私は対面すると緊張するためセミナーで聴講するばかりでした。

やはり自分一人に対して答えてもらうのは、大きな気付きがたくさんで

ぜひ、オンラインでも対面でも、気軽にカウンセリングを受ける風潮が

日本にも起きてってほしいなと思います。

 

Youtubeライブはこの先も開催されるとのこと。

Check it out !

 

明日、あなたの見える景色が

美しいものでありますように🍀

 ☆読者になってくださると、嬉しいです☆