【HSP✖アダルトチルドレンの私が、やわらかに生きる道を見つけるまで】移住系ライフワーク・カウンセラー青葉

~HSP・アダルトチルドレン・DV・モラハラ・虐待・社会不適応・先生の相談ほか~

自分で決めない人が、人を〇〇〇

 

 

 

f:id:aoba-counseling:20211114144218p:plain

 

 

 

生きづらさは、幸せへのヒント。

ライフワーク・カウンセラーのあおばです🍀

 

 

 

テレビを捨てて4ヵ月。

ひとり暮らしにはさみしくもあるけれど、

『やりたいことができる時間が増えたな』

と、当たり前だけど感じています。



 

『それって豊かだな~』と私は感じています☆



 

===

 

 

 

今日は、『決められない人』の困ったところについて。



 

かく言う私も、決められない人です。

一番欲しいものかもしれません。

どこかに、『決断力』は売っていませんか?笑

 

 

 

そして、この数ヵ月でやっと気付いたのですが、

私の母も決められない人。

そう分かると、

困ったところがくっきり見えてきました。

 

 

 

自分で決めない人は、

人のせいにして責めることがあるんです。




ヤマアジサイ



===

 



まずは私の例。

私には子どもがいません。

このことは、長い間私を苦しめました。

 

 

 

35歳から45歳くらいの間、

この苦しみを手放すことはできませんでした。

とても長い時間。。



 

35歳の時に流産を数回経験し、

その後は夫と別居を開始したため、

子どもを設けることはできませんでした。

 

 

 

それを、暴れる夫のせいにしていました。

 

 

 

ただ、本当に子どもが欲しいのであれば、

夫と離婚して、新しいパートナーとの間に

設ける選択をとればいいのです。

 

 

 

こうして、離婚をして新しいパートナーを

見つけることを決めなかった私は、

心の中で夫を責め続けました。

 

 

 

あなたがちゃんとしないから、

私の人生は子どもがいない人生だった

と。




夫への愛と言えばそうですが、

私の望みは彼には通らない状況なのにです。

 



自分の人生を相手に預けてしまっている状態です。

自分がない状態であることは、今になれば分かります。

しかもこれは、一見正論に見えるのが厄介なところ。。

 

 

 

===

 



そして私の母も。

自分で決めないから、誰かが決める。

すると、うまくいかないとその人を責める。

相手はやる気がなくなる。

母はずっと怒ったまま。



 

怖いですものね。

自分の姿をかえりみるのは。

ただ、責められ続けるのは苦しい。

 

 

 

===




期待もしてしまっていると思うのです。

この人は家族だから、子どもだから、

私の望みを叶えてくれるはず。

いや、叶えるべきだ。

 

 

 

相手からすると、

ややもするとコントロールに感じるかもしれない。

もしかして、できない相手に言っているのかもしれないし




多かれ少なかれ、

こういうことってあると思うんです。

ただ、自分の機嫌は自分のものです。

だから、相手の感情に飲まれないようにするのも

自分を守るうえで大事なことです。


 

相手はそういう言動に出たか!

で、

私はどうしたいか?

 

 

 

結局は、

相手を責めるのではなく、

自分はどうしたいか?

 

 

 

自分の軸を持って、

決めることが大切なんだなということです。

 

 

 

いつも同じところに還ってきますね。

 

 

 

===



 

今日のワーク。



コンビニに行って、

一番食べたいスイーツを直感で選んで

買ってみましょう☆

自分軸でね。



 

やわらかな木漏れ日のような日々が、おとずれますように🍀

ライフワーク・カウンセラー、青葉でした🍀 

 

 

 

 読者になって&☆印をポチポチしてくださると、嬉しいです!