青葉カウンセリング☕カフェ🍀

DV・モラハラ・虐待から、やわらかに生きる世界へお引っ越し✨ハンドメイド系ライフワーク研究家

直接対決!?別居する夫が近くに引っ越してきた

 

 

生きづらさを感じている、がんばり屋さんのあなたへ。

あおばカウンセリングカフェ、青葉です☕

 

 

こちらは嵐から一転、

風が強いものの、気持ちのいいお天気です。

 

 

あまりにもお腹が空かない日々が続いておりまして、

運動がてら、朝からお弁当を買いに行ってきました。

やっぱり朝は気持ちいい!

朝活熱がふつふつちょろちょろと湧いてまいりました。

 

 

それはそうと、

「姉さん!事件です!」

~ドラマ「ホテル物語」より~

おそらくアラフォー以降の人にしか分からない?

 

 

4/30に行われた、カウンセラーお弟子講座のお話会で、

師匠に「親や夫との直接対決ってどう思いますか?」

という積年の質問に応えてもらった翌日に事件は起きました。

 

 

別居する夫が近くに引っ越してきた!

 

f:id:aoba-counseling:20210502143817j:plain

 

何が起きているんだ?

10年も別居する夫から、私の住む町に引っ越してきたと

メールがありました。

 

 

朝から地震で揺れ、雨も横殴り、雷も鳴る

嵐とともにやってきた。

 

 

しかも、質問した翌日って何?

師匠、どういうこと?

教えてえぇぇぇ。

 

 

まあ、別居のままですし何の変化もありませんが、

よりによって、同じ町に引っ越すなんて。

さんざん妻(私)に攻撃しておいて、好きなんか?

おい。

少なくとも、嫌ではないのでしょう。

 

 

親密感の怖れが強い家族なので、

ピンポーンと、来ることもないのも分かっています。

一応、線路の向こうという線の引き方も笑えます。

 

 

ただ、さして動揺していない私がいます。

これは、心のべんきょうを始めたからでしょう!

 

 

せっかく離婚を決めようとか、移住をしようとか

そんなことを考えるのに、ちょっと気にはなりますが。

 

 

きっと、以前だったら動揺して、

私もメール攻撃をしていたかもしれません。

今はもう、スルーです。

 

 

聞いても、彼は本当のことは言えないし、

私への攻撃の種を見つけて、バズーカ砲を打つしかできない。

 

 

師匠曰く、

直接対決は、やりたければやればいい。 

でも、相手は収まりがつかなくて、

またいつか攻撃してくる。

そのことは覚えておいた方がいい。

どちらかと言えば、自分でお恨み帳を書いたりと

自分の中で手放す方がおすすめ。

 

 

つい前日に言われたことが、分かる気がします。

 

 

私は、家庭を形にするためにがんばりました。

気付かないうちに、我慢もしていたようです。

夫婦再生のために、自分の過去の問題にも向き合い、

夫とのかかわり方も学び、できることはしてきました。

 

 

それでもなお、夫は攻撃を仕掛けてきていました。

物事の悪い方だけを重箱の隅をつついて集め、

私に投げ飛ばす。

内容は、意味が分からないことばかり。

 

 

おかしいと少しは思いましたが、私は動揺していました。

「私が悪いんだ」

 

 

別居してもそんなことが続き、

3年前に嫌気がさし、私からいっさいの連絡を止めました。

自立への始まりです。

というか、気力もなくなった結果です。

 

 

私が社会で働くことが難しくなり

家でひきこもりな状態でも、

彼は自分の不快を払しょくするために、私を攻撃してしまいます。

 

 

私は彼の心の傷をずっと分かりすぎてしまっていました。

ある意味、器が大きい。

共感力がありすぎる。

 

 

とことん私に甘えた態度をとった夫です。

暴言も暴力も。

 

 

彼の実家の両親は、

彼が若くして亡くなり、私も面識がありません。

しかもひとりっ子。

 

 

やっと甘えられる人を見つけたのでしょう。

でも、甘え方が分からなかった。

私も、自分が攻撃されていても線を引くことができませんでした。

共依存のできあがり。 

 

 

どんどん夫の私への罪悪感は増し、

攻撃の手を弱めることができません。

私も、とうとうしんどくなり、距離をとりました。

親密感の怖れがある夫は、

それはそれで楽になれる思いもあったのではないでしょうか。

 

 

こうして、近くに引っ越してきた意味は

私には分かりません。

しかし、ひん曲がってはいますが

愛されているのかもしれないと少しだけ思いました。

 

 

こんな広い日本で、

同じ町に住む必要はなかろうもん。

でも彼は言うでしょう。

 

 

たまたま。

住む権利はあるだろう?

快速も止まるし。

云云かんぬん。

 

 

おそらくやり直そうとは、

私が言い出さない限り、彼は言えません。

私が言えば、即同意するのも分かっています。

そして、うまくいかなければ言い出した私のせいにする。 

 

 

私がどうするか。

考えるターンがやってきたような気がしています。

自分軸、自分軸。 

 

 

後記

 

今日は、乱文で失礼しました💦

 

私は出家尼か?といういくらい、

ひきこもって暮らしています。

元来の私らしく、のんびりでもあります。

 

ですが、

このところ、ちょこちょこ事件が起こります。

母からのバースデーカード事件とか、

男友達からの、父ちゃん亡くなるかも事件とか。

 

どれも、私にわかってほしいアピールばかり。

 

その前に、おまいらは、私をひどい扱いをしているよね?

 

これが、私がまわりのためにがんばってきてしまった

結果なのでしょう。

 

 

青葉はなんとかしてくれる。

どんな私、僕でも受け入れてくれる。

 

 

しないもんね。

みんな、自立しなされ。

私に罪悪感を植え付けて、自分が楽になるのは止めましょう。

 

 

私がほんの少し自立が進んだ日なのかとも思いました。

 

 

優しいあなた。

周りのサンドバッグになっていませんか?

 

 

《あおばカウンセリング☕カフェ》青葉でした。

 

 

 読者になって&☆印をポチポチしてくださると、嬉しいです!