青葉カウンセリング☕カフェ🍀

DV・モラハラ・虐待から、やわらかに生きる世界へお引っ越し✨ハンドメイド系ライフワーク研究家

執着を手放して、幸せになる②美容院にて🍀

 

ココロに傷をもつ、がんばり屋のあなたへ。

《あおばカウンセリング☕カフェ》青葉です🍀

 

こちらはとてもいいお天気で、ベランダで日光浴を楽しみました♪

5分くらいですけれどね、いい気分でした。

そんなことをできる心の余裕が嬉しいのかもしれません。

 

さて、いい気分の理由が他にもありまして。

昨日、久々に美容院に行って、いい感じにカットしてもらえたからです❦

女子的な部分をすっかり置物にしてきたので、喜びを感じることに慌てマス💦

f:id:aoba-counseling:20210409132802j:plain

初の顔出し!?
 

そこで学ぶことがたくさんありまして、今日はその一部をお伝えしたいなと思います。

 

 

親密感の怖れからの、執着。

 

先日のこちらの投稿で、

私は親密になってくると離れたくなるということをお伝えしました。

親密感の怖れというモノですね。

美容師さんとも仲良くなってくると、なんとなく通いづらくなっていきます。

そして、美容院に1年半行かなかったのです。

セルフカットも自ら選択して楽しんでいましたよ♪ 

 

私は自分の髪質にコンプレックスがあり、美容院が苦手です。

以前通っていた、A美容師はカットがとても上手な方でした。

私は、毛量が多く、ひどいくせ毛で、白髪染めも入っていかない髪質です。

やりたい髪型など、叶ったことはありません。

それでも、A美容師は上手に切ってくれていたんですね。

 

こんなに私の髪を上手に扱う人に会ったことがない。

この人に切ってもらわないとダメだ!

 

と思っていたようです。

執着していたんだなと気が付きました。

他の美容師さんに変わったら、また嫌な思いをしてしまうという怖れから、

A美容師に執着していたようです。

 

執着しているのに、近寄れない。

近寄れなくても、執着は起きる。

憧れている俳優さんに会ってみたいけれど、実際に会うのはためらわれる。

こんな感じでしょうか。

不思議な心の反応だと感じました。

 

どうであれ、私の髪はバリバリにきしんでいて、美容院に行くことを欲していました。

さてと。

 

執着を手放した!

 

執着とは、何かにしがみついていることで、それ自体にしか意識が向かず、

他に選択肢がない状態です。

ひとつしかないと思ってきた選択肢を手放すことはとても苦しいことです。

 

しかし、天秤に図った結果、

新しい美容師>A美容師

という選択をしました。

親密感の怖れを癒すには時間がかかりそう。

でも、髪の毛を切ってもらいたいという自分でした選択でした。

 

コロナ禍だし、近所で、人が少ない小さい美容院を探して、昨日行ってきました。

新たに出会ったB美容師は、突っ込みどころもありますが。

とても上手に思い切ったカットを素敵に仕上げてくれたのです!

 

あら~。もっと早く来ればよかった。

 

執着していたA美容師を手放した結果、

さらに素敵にカットしてくれるB美容師に出会うことができたわけです。

 

後記

 

執着について向き合っているところに、

美容師さんをめぐる分かりやすい場面でいい勉強になりました。

もちろん、A美容師を手放して、いい美容師さんに巡り合わないことだって

想定されます。

しかし、手放したからこそ、他にも目を向けられたいい経験だったなと感じました。

 

またいつか書きたいと思いますが、こう感じられたのは、

私の自己肯定感がじわりじわりと上がっているからだなとも感じました。

自己肯定感を高くもち、自分軸で自ら選択することで、

ネガティブな感情を強く感じにくくなっているようです。

 そうすれば、どんな選択も(失敗も)、恐れる必要はないんだなあと感じます。

 

親密感の怖れで離れたA美容師のところも行ける日がやってくるかもしれません。

やっぱり、この自己肯定感というお薬の効き目があらゆる場面で効くようでして、

焦らずに上げていけるといいなと思うのです。

 

自己肯定感の効き目:  さまざまなネガティブな感情

            例)親密感の怖れ、執着ほか。

 

あなたが手放したい人・コトはありますか?

明日、あなたが見える景色が

美しいものでありますように🍀

《あおばカウンセリング☕カフェ》青葉でした。

 

 読者になって&☆印をポチポチしてくださると、嬉しいです!