青葉カウンセリング☕カフェ🍀

DV・モラハラ・虐待から、やわらかに生きる世界へ✨ライフワーク研究家

オープンカウンセリング②まさかの他人軸🍀

ココロに傷をもつ、優しいあなたへ。


3月に入りましたね。春の日差しを感じる季節に生まれた、3月生まれのあなた。
お誕生、おめでとうございます🌷
生まれてきてくれて、生きていてくれて嬉しいです❦


今日は、昨日のオープンカウンセリングについて振り返ってみようと思います。

私の相談内容

周りの目ばかり気にしてきたことに気付き、自分軸を大切にするようになった。それまでの合わない仕事や友人、家族から距離をとり、自分らしく生きてきたつもりだった。しかし、ストレスがだいぶ減ったのに、いろんなことに過敏になってきて支障が出ている。以前は気にならなかったような、音が気になって集中できなかったり、人の話を聴いて不機嫌にしてしまったのではないかと異常に気にしたり。スマホのバイブの音にビクッとしたり。この状態をどうとらえ、どう対応していけばいいのか意見が聞きたい。


カウンセリングを受けてわかったこと

「自分軸を取り戻したいと言いながら、他人軸に戻っている状態だと思われる。」ここに私は目からウロコ。今は自分で好きに生活しているのに、確かにそうだ。他人軸に戻っている!周りの目を気にしている状態だと腑に落ちた。では、どうしたら自分軸を取り戻せるか?他人軸になる原因の、母の「お前は親のかすがいにならなかった。」などということばや暴力から受けた心の傷などが癒されていない状態と考えられる。その時の自分と出会い癒す、そして本来の自分と一体になることで、やっと自分らしく生きていけるようになれるのではないかということ。カウンセラーさんから、「話していると、天真爛漫さや自由さを感じる。」と言ってもらえたこともありがたかった。確かに小さい頃の私は、「しっかり者の気を使う人」なんかではなく、平和で穏やかで自由な子だったと思う。

イメージワーク

現在の私が、傷付いた頃の私に出会い、癒すイメージワークを施してもらった。傷付いた私に声をかけながら、抱きしめていく。私が受けた印象は、小さな私が笑って近づいてきて現在の私と同化したイメージ。ロシアのマトリョーシカ人形のように、小さい私がポコッと私の中に入り込んだ感じが今はしている。音楽をかけながらのワークであり、私は音楽がかかる中で物を考えるのは苦手なので、入りにくかったのは正直に言うとある。しかし、そんな中でも、「本来の私の物事を見る目線は、こんなんだんったのかもしれないな!」と感じることができました。イメージワークを前にも受けたことはあるけれど、ここまで感じたのは初めて。これからはきっと、訓練。私の中のリトル本田リトル私に聴きながら、本来の私に戻っていくのかなと思う。

カウンセラーさんに感謝!

watashijiku-life.com
私は人の気持ちに敏感に気付くところがあります。「こう言ってほしいのかな。」と感じると、真実でなくてもそっちに引っ張られていきます。しかし、ヤタカウンセラーは話しやすく、リラックスしてじっくり話すことができました。感情も豊かで、「本当にそう思っているんだろうな。」と信頼することができました。ヤタさんに担当してもらえて大きく一歩進むことができたし、カウンセラーとしてのモチベーションまでプレゼントしてもらえた気持ちです。ありがとうございました!

後記

私はたくさんの人の相談を受け支援をし、感謝もいただいてきました。ただ、自分が相談することは乏しく、またカウンセラーさんを探すことの難しさも感じていました。今回、このカウンセリングを受けるチャンスが思いがけず得られ、誰かを頼り、話を聴いて受容してもらえることの暖かさはハンパじゃないな!と感じました。自分が少しでも、「このカウンセラーさんと話してみたいな」と思ったらチャンスだと私は思います。

f:id:aoba-counseling:20210228221746j:plain
さんざん泣いて疲れてもちゃんと食欲がありました。ウーバーさんにも感謝!


明日、あなたが見える景色が
美しいものでありますように🍀